ネイリストになりたい ジェルネイル検定初級

ジェルネイル検定初級とは

近年のジェルネイルの流行で、ネイリストにおけるジェルネイルの技術の指標となるものが必要だという事を受けて、2010年からJNAでもジェルネイル技能検定試験が開始となりました。
初級、上級の2種類で、義務教育修了者なら誰でも受験可能、ネットのみの申し込みとなります。

こちらでは、初級の試験内容についてご説明します。
なお、ネイリスト技能検定試験3級以上取得者は、実技試験の第1課題は免除の場合があります。
また、筆記試験のみ合格の場合、次回試験に限り筆記試験が免除になります。


○実技試験

*事前審査(15分)
テーブルセッティング&消毒管理、モデルの爪の状態を試験官が確認します。
・ネイリスト技能検定の事前審査に準じた項目に加え、ジェルネイル用品の用意、ジェル硬化用ライトの電源確認があります。

*実技試験・第1課題(35分)
両手10本のネイルケア
・手指消毒、ポリッシュオフ、ファイリング(ラウンド)、キューティクルクリーンまで

*インターバル(5分)
第1課題の片付け、第2課題の準備等
*実技試験・第2課題(60分)

・左手5本にはポリッシュカラーリング(赤色)
・右手5本にはジェルカラーリング(赤色)
・右手中指にジェルアート。
ジェルカラーリングの赤に映えるジェルアート(ピーコック)を施す

*実技審査(40分)・実技審査片付け、筆記試験準備(15分)


○筆記試験(マークシート式 30分)

・ネイルに関する基礎知識
 衛生と消毒、爪の構造(皮膚科学)、爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)、ネイルケアの手順など
・ジェルネイルに関する基礎知識



ネイリスト検定3級以上所持者であれば、実技は実質ジェルネイルだけとなるため、受験志望者数が非常に多いそうです。
そのためか、合格率も約87%と高めです。
ネイリスト検定2級+ジェルメーカーの認定証所有というネイリストさんも多い中、これからますます受験者が増えそうな注目の検定ですね。

ネイリスト関連情報

ジェルネイル検定初級の試験内容についてご紹介しています。
試験の流れや出題箇所、筆記試験、実技試験の内容など掲載しています。
ジェルネイルの人気で、受験者が増えそうな注目の検定です。