ネイリストになりたい ネイリスト検定3級

ネイリスト検定3級とは

ネイリスト検定3級といえば、ネイリスト志望の方がまず最初に受ける検定試験です。
JNA認定校のネイリスト養成スクールを卒業の場合、3級免除となる場合もあります。
基本的な衛生管理、ネイルケア、カラーリングの実技試験と、基本的知識の学科試験の2つに分かれています。


具体的な試験内容として、まずは実技試験から。
なお、検定色として赤いネイルポリッシュが指定され、事前にモデルに塗布されているのが条件です。

*実技試験

○事前審査(10分)
試験官が目視で確認していきます。

テーブルセッティング&消毒管理
・用具、用材のセッティングと品名ラベルの表示
・衛生面における配慮(用具・用材が衛生的に管理されているか)
・ウェットステリライザーの状態
・モデルの爪の事前の赤ポリッシュの塗布の状態の確認

○ネイルケア、カラーリング(60分)

・エタノールによる手指消毒
・リムーバーによる赤ポリッシュオフ 
・爪のファイリング(課題の爪の形はラウンド)
・ブラシダウン、キューティクルの除去

・カラーポリッシュは2度塗り
・エッジ(爪の断面)まで塗る
・トップコートで仕上げ
実技試験は、ここまでの工程を60分で仕上げるのが課題です。
モデルの爪の審査の後、続いてマークシート方式での筆記試験です。

*筆記試験 (30分)

主な出題内容は、
・衛生と消毒、
・爪の構造(皮膚科学)、爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)
・ネイルケアの手順 など

なお、3級の合格率は毎回約80%程度となっています。
各級の中で、受験者数が最も多い級となります。
基本的な試験内容とは言うものの、受験者さんの多くが初めての検定となりますので、緊張される場合も多いようですね。
3級は2級の受験条件となりますので、ぜひ合格しておきたいですね。

ネイリスト関連情報

ネイリスト検定3級の実技試験、筆記試験の内容をご紹介しています。
合格率なども掲載しています。
詳しい内容までご紹介していますので、参考にしてください。