ネイリストになりたい ネイリスト検定2級

ネイリスト検定2級とは

ネイリスト検定2級は、ネイリストを目指す方のうち、検定3級合格者、もしくはJNA認定ネイリストスクール卒業の方の場合で3級免除の方が受験する検定です。
プロのサロンワークとして通用するレベルの衛生管理、ネイルケア、カラーリング、チップラップ、フラットアートの実技試験と、基本的知識の学科試験の2つに分かれています。

具体的な試験内容として、まずは実技試験から。
なお、検定色は3級と同じく赤いネイルポリッシュが指定され、事前にモデルに塗布されているのが条件です。

*実技試験

○事前審査(10分)
3級とほぼ同じ内容で、試験官が目視で確認していきます。

○ネイルケア(前半35分)
前半35分は3級に準じたネイルケア


○チップ&ラップ、カラーリング、ネイルアート(後半55分・順番は自由)
後半も手指の消毒から開始します。
・チップラップ
フリーエッジ又は、ネイルプレート上にチップを装着し、リペアテクニック(ラップ)で補強するチップイクステンション。
右手中指にチップ装着、フリーエッジ(爪先)は5mm程度、ラウンドにファイリング、仕上げ(カラーリングしない)

・カラーリング
チップ&ラップの指以外の9本にカラーリング。
3級に準じたベースコート、カラーポリッシュ二度塗り、トップコートまで仕上げる。

・ネイルアート
イラストによるフラットアート。毎回検定毎にテーマが与えられます。


実技試験は、ここまでで合計90分。3級に比べ長丁場ですね。
モデルの爪の審査の後、続いてマークシート方式での筆記試験です。

*筆記試験 (35分)

主な出題内容は、
・衛生と消毒、
・爪の構造(皮膚科学)、爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)
・ネイルケアの手順、リペアの種類及びチップ&ラップの手順、その他実践的施術全般、プロフェッショナリズム など

なお、3級の合格率は毎回約45%前後と、3級より狭き門となっています。
ネイリストさんが一般に持っているレベルの資格だけありますね。

2級は1級の受験条件ですが、2級まで取得した後はジェルネイル検定などを受ける方も多いようです。

ネイリスト関連情報

ネイリスト検定2級は、ネイリストが一般に持っている資格です。
ネイリスト検定2級の試験レベルや実技試験、筆記試験の試験内容を詳しくご紹介しています。