ネイリストになりたい ネイリスト検定

ネイリスト検定って何?

ネイリストを目指す方、既にネイリストとして活躍されている方の多くがまず目標にするのが、「ネイリスト検定」です。
本来ネイリスト検定は国家資格などではありませんが、ネイリストとしての技術力や知識を測る目安となりますから、受験者数が多いのはそのためです。
開始から14年、33万人以上の受験者数を誇る検定です。

ネイリスト検定とは、正しくは「ネイリスト技能検定試験」、JNA(日本ネイリスト協会)やINA(インターナショナル・ネイルアソシエーション)が毎年行っている検定試験です。
現在、検定を受ける人数の割合としてはJNAが多いため、ネイリスト養成スクールでもJNA認定校やJNA本部認定講師などの資格もあります。

そこで、ここではJNAネイリスト検定の各級について簡単にご説明します。

*JNAネイリスト技能検定試験とは

JNA関連の(JNE)日本ネイリスト検定試験センターが行う実技、学科の検定試験です。
1、2級は春・秋の2回、3級は春夏秋冬の年4回行われます。
それぞれの級での試験内容としては、
3級:基本的なレベル。
消毒管理、ネイルケア、カラーリングの技能試験および学科試験。

2級:プロとして通用するレベル。
消毒管理、ネイルケア、カラーリング、爪のリペア等、アートの技能試験および学科試験。
(3級合格者のみ受験可能)   

1級:ネイリストとしてトップクラスの技術を要するレベル。
エクステンション、ネイルアート、学科試験。
(2級合格者のみ受験可能)

級が上がるにつれ、高い技術力と知識、プロフェッショナリズムが要求されるというのがお判りかと思います。
3級についてのみ年4回実施されているのは、やはり受験者数が多いためと、ネイリストへの門戸を開くという意味があるためです。
また学科試験のみ合格の場合、同級を再受験する場合は学科免除となります。

各級の詳しい内容については、個別にご説明いたします。

ネイリスト関連情報

ネイリスト検定とは何なのでしょうか?
ネイリスト検定は、どんな団体のどんな検定なのか、何のために検定に合格するのかといったことを説明しています。