ネイリストになりたい ジェルネイル

ジェルネイル

近年、ネイリストにもお客様にも人気の施術、それがジェルネイルです。

ジェル状の樹脂を爪に乗せ、UVライトで硬化させるのがジェルネイルの基本です。
軽くてつややかで透明性が高く、非常にもちが良いのが人気の理由です。
ネイリストでなくとも、自宅でできるジェルネイルのセットが販売されるほどの人気です。

ジェルネイルにはいくつかの種類があり、その特徴で用途も変ってきたり、落とす方法も違ってきます。
主なものをご説明します。

*ハードジェル
軽くて硬化後の強度が高く、爪の長さを出したり、自爪の補強にも向いています。
ツヤの持続力が高いので、トップコートなどを塗る必要がありません。
色のもちも通常のネイルカラーより長持ちします。
ラメやグリッターなどをジェルに埋め込んで、キラキラのアートを楽しむこともできます。

落とす際は、ネイルファイル(爪やすり)等で、自爪を傷つけないようにジェル部分を削り落とします。
*ソフトジェル(別名ソークオフジェル)
薄くて軽い装着感で、柔軟性のおかげで自爪との密着度が高く浮きにくいため、ナチュラルな爪を作るのに適しています。
こちらもカラーやグリッターやラメなどのアートを楽しめます。
またこのタイプは、溶液で溶かして落とすことができます。
最近よく聞く「カルジェル」「バイオジェル」などはこのタイプのジェルのメーカー名です。

ネイリストはジェルの特徴と、お客様の爪の状態やリクエストに応じて、これらを使い分けています。
サロンによってはどちらかのみの施術の場合もありますが、どちらにせよ大切なのが、落とす時に自爪に負担をかけないことです。
セルフでジェルに挑戦して、落とした後に爪が傷んでしまうという話も聞きますが、ネイリストに任せれば、その知識とテクニックで爪を健康に育てつつ、
適した技術でオフしてくれるので安心です。

ネイリスト関連情報

近年人気のジェルネイル。
そのジェルネイルの施術の内容をご紹介しています。
ジェルネイルには「ハードジェル」と「ソフトジェル」の2種類あり、その違いもご紹介。