ネイリストになりたい ネイルサロン 勤務

ネイリストの働き方:ネイルサロンに勤務

まずネイリストとしての働き方で思いつくのは、ネイルサロンでの勤務が思いつきます。
実際、スクールを卒業された方の多くは、検定3級免除の場合もありますし、スクール併設のサロンへの就職・契約社員として働く場合が多いようです。
ちなみに、就職における技術や知識の指針として、ネイリスト検定2級、またできれば更にジェル検定も所持していれば、可能性が大きくなります。
また、ネイル業界でネイルサロンであればある程度の収入を得ることも可能となります。

やはり、スクールや通信講座や独学で学んでいた頃よりも、お客様の手を預かる仕事としての責任感が生じますよね。
そして、施術できるお客様の数は相当のもので、経験値を積むにはこれ以上ないといっていいほどの、スキルアップに有利な職場となります。

一般的に、ネイルサロンでのネイリストの勤務形態は、実働時間約8時間程度のところが多いようです。
しかし、閉店日や閉店後などに先輩ネイリストさんによる、サロン内講習会が行われることも多々あります。
技術、知識のみならず、接客におけるアドバイスなど、ネイリストスタッフが一丸となってネイルサロンの質を向上させていこうという勉強会ですね。
他にもアルバイトなどでシフト勤務も可能なネイルサロンもあります。
このアルバイト募集枠では、「未経験者歓迎!」なんて求人もありますから、
興味のある方は一度勇気を出して訊いてみても良いかも知れません。

最初は予約受付係などからかもしれませんが、ネイリストスタッフの練習に参加できることも多いので、まさに「技術を盗め!」て感じで。いつかサロンでのネイリストとしての役割を与えられるケースも少なくありません。

ただし、再三の指摘にも改善されない行為があったり、ネイリストスタッフとの間での人間関係(どの会社でもありますけれどね(笑)、ひいては他サロンからのヘッドハンティングなどによる場合も含め、就職率も離職率も高めなのがサロンの特徴でもあります。

ネイリスト関連情報

ネイリストの働き方の第一歩であるネイルサロンに勤務することとは、どんな働き方なのかを説明しています。
スキルアップのためにもなる、ネイルサロン勤務。
詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!