ネイリストになりたい ネイル講師

ネイリストの働き方:ネイル講師として働く

ネイリストを目指して勉強されている方なら、スクールや専門学校、通信講座のスクーリングなどでネイル講師の方が活躍しているのを一度はご覧になったことがあると思います。
どういった経緯で講師として働くかのパターンはいくつかありますが、「自分は人に物を教えるのに向いている」と思う方は、ネイリストと共にネイル講師を目指してみるのも選択の一つです。

ネイル講師の方々のほとんどは元ネイリストさんか、同時進行でフリーのネイリスト業も行っている場合もあります。
講師という仕事柄、ネイリスト検定合格を目指す生徒さんに教えることが多いため、ネイリスト検定1級、少なくとも2級、ジェルネイル検定上級、ジェルネイルメーカーの認定証などかなりの資格を取得された方が多いですが、公的な資格として一番強いのがJNA(日本ネイリスト協会)認定講師資格でしょうか。

では、どういうルートでネイリストからネイル講師となるのか、大まかに2例をご説明します。
*ネイリスト養成スクールを卒業してのち、卒業校で講師となる
ネイリスト養成校の中には、スクール併設サロンを経営しているスクールもあります。
当然卒業生の進路には系列のサロンに入店するという道もあります。
一旦サロンでネイリストとして勤務した後、卒業校が講師を募集したり、また直接ヘッドハンティングされる場合もあります。
元々在籍していたスクールですから、指導方法も一貫しているのはいい条件ですね。

*卒業校とは別のスクールや通信講座のスクーリング講師、小規模なネイル教室の講師をする
この場合も求人などで雇用されるのですが、注意する点として、そのスクールがどのネイリスト協会(JNA、INAなど)に認定されているかで指導方法が違うことです。(現在の状況ではJNA認定校がほとんどですが)
また、カルチャーセンターなどでネイルスクールの講師をしたり、スクールそのものを立ち上げる方もおられます。

ひとに教えることが好き、ネイルの楽しさをもっと知ってもらいたいと思う方には向いている進路ですね。

合わせて読んでほしい、当サイトのコンテンツ

ネイリスト関連情報

ネイリストの働き方のひとつとして、ネイル講師としての働き方をご紹介しています。
ネイル講師になるには、どんな過程を経るのが一般的なのかなど、ネイル講師という仕事についてご紹介しています。